学校問題

 

 一口に学校問題と言っても、教員の労働問題、近隣住民からの苦情、学校法人内の様々な規則、保護者対応、生徒に対する指導などなど…多くの分野が存在し、関係法律も多岐に渡ります。また、近年の少子化や学校教育現場の改革などにより、学校に求められる問題解決能力は一層高く、かつ迅速になっております。このような厳しい環境ですが、弁護士が介入することで、適切な証拠収集、事実の解明、複雑な人間関係を分かりやすく・円滑にし、交渉をスムーズにできることもあると考えます。
 当事務所ではかかる観点のもと、学校で起こる以下のような問題を扱っております。
詳細は、下記ページでご確認ください。

就業規則等の点検や改定

教職員への懲戒処分

授業料・給食費の滞納

生徒への懲戒処分

学校事故が発生した際の対処策

個人情報の管理

モンスターペアレント対応

いじめ防止対策推進法について

奨学金が滞納されているとき

スクールローヤーと顧問弁護士は何が違う?

修学旅行の引率をした教職員に支払うべき手当


NEWS & TOPICS 新着情報