キャッシュバックをする際の注意点を景表法に強い弁護士が解説

1「値引」に該当する場合

 ①顧客誘引性、②取引付随性、③経済上の利益といった「景品類」の要件を満たす場合、景表法の適用を受けます。

 もっとも、正常な商慣習に照らし値引と認められるものについては、「景品類」に該当しない経済上の利益(③)とされています(定義告示第1項但書)。そして、キャッシュバックは、事後的に対価を減額する行為であり、事業者が結果として価格を下げていることから、この値引に該当するとされています

2「値引」に該当しない場合

 そうすると、キャッシュバックについては、すべて景表法の適用がないと思われますが、そういうわけではございません。一概にキャッシュバックといっても、現金によるキャッシュバックや商品券などの金券、ポイント等、その提供方法は様々です。そこで、定義告示第6⑷記載の「値引に該当しない場合」にあたるか、チェックする必要があります

(1)懸賞による場合

 まず、①懸賞による場合は、くじ等の偶然性や特定の行為の優劣によって対価を減額等するということになりますが、そのような対価の減額等は正常な商慣習に照らして値引と認められる経済上の利益といえません。

 したがって、キャッシュバックを懸賞による方法で行う場合は、値引に該当せず景品規制の適用を受けます。

(2)減額・キャッシュバックした金銭の使途を制限する場合

 また、②減額・キャッシュバックした金銭の使途を制限する場合、自社の商品や役務を値引したのと同等の経済上の利益を与えたと認められないため、「景品類」に該当します。

 したがって、キャッシュバックが現金の場合、使途を制限する場合にあたりませんが、キャッシュバックが自他共通割引券や他社割引券の場合、金銭の使途を制限することになりますので、このような場合は値引に該当せず、「景品類」に該当することになります。

 なお、総付による提供の場合は、さらに例外がございます。すなわち、自他共通割引券等、自己だけでなく他の事業者との取引にも共通して用いることができる割引券等については、「景品類」に該当するものの、総付の適用除外(自己の供給する商品または役務の取引において用いられる割引券その他割引を約する証票であって、正常な商慣習に照らして適当と認められるもの)に含まれるため、総付による場合は景表法の適用を受けないとされております

3「景品類」に該当する場合

 キャッシュバックが値引に該当せず、「景品類」とされた場合、キャッシュバックの上限額は、以下のとおりとなります。

<懸賞による提供の場合の上限額>

取引価額

上限額

5000円未満

取引価額の20倍

5000円以上

10万円

<総付による提供の場合の上限額>

取引価額

上限額

1000円未満

一律200円

1000円以上

取引価額の10分の2

 景品類に該当し、懸賞規制又は総付規制の適用を受ける場合は、上記の上限額を超えないよう注意が必要です。

4 まとめ

 以上のとおり、キャッシュバック企画を行う場合は、当該キャッシュバックが「景品類」に該当するかチェックする必要がございます。また、上記でご説明したとおり、「景品類」に該当するとしても、総付による場合は、例外的に総付規制を受けない場合もあり、景表法の適用を受けるかの判断は多少複雑なものとなっております。そのため、景表法の適用を受けるか適切に判断できない場合は、専門家の意見を求めるべきです。お困りの際は、景品類に関する豊富な知識を有している弊所の弁護士に、お気軽にお問い合わせください。

景表法の相談方法について

 森大輔法律事務所は景表法のみならず薬機法等の表示に関する法的問題のサポートに力を入れております。まずは、お電話からの面談の予約、または森大輔法律事務所のお問い合わせフォームhttps://moridaisukelawoffices.com/contact)よりご相談をご予約ください。ご相談の日程を調整させて頂き、面談を実施させて頂いております。

景表法の相談に関する費用

初回法律相談に限って1時間1万円の費用で対応させて頂きます。

2回目以降の法律相談を継続して希望される場合は、原則として法律問題サポート契約(顧問契約)をお勧めさせて頂いておりますが、相談だけの場合は1時間あたり2万円の費用がかかります。

法律問題サポート契約(顧問契約)

 月額6万円からのご用意とさせて頂いております。景表法をはじめとする表示に関する法律問題に対応するプランです(月額6万円はご相談の上限が5件となります。また、景表法や薬機法等の表示に関する規制以外のご相談は追加料金となります。)。

ご相談方法としては、チャットワークメールお電話での相談に対応しております。また、回答は基本的に当日若しくは翌日に行うようにしており、顧問先様より高い満足度を頂いております(難易度に応じて数日回答に時間を要する場合もございますが、そのような場合は、顧問先様と締め切りを設けた上で対応をさせて頂いております。)。

スポット契約について

 景品表示法やその他表示に関する規制の法的問題は、常に弁護士に相談しながらチェックするというのが基本だと考えております。広告に訴求力を持たせるためには日々その表現を新しいものに創り替えていくという作業が伴います。そのため、定期的に相談をして頂ける環境が必要だと考えるからです。

 しかしながら、法律問題サポート契約をいきなり締結することに躊躇するケースがある場合も当然あると思いますし、またそのようなお声を頂くこともございます。

そのため、森大輔法律事務所では、可能な範囲でスポット契約にも対応させて頂くようにいたしました。スポット契約の場合は、事前に詳細なお見積書をお出しさせて頂きます。

スポット契約での対応をご希望の会社様も是非一度お問い合わせください。

 


NEWS & TOPICS 新着情報