「非が無い場合のクレーム対応について弁護士が例文解説!」の記事を作成しました。

 当事務所はこのたび、「非が無い場合のクレーム対応について弁護士が例文解説!」についてのページを作成いたしました。

 一般的にお客様からのクレームには不当なクレームと、意味があるクレームがあります。意味があるクレームはこちら側に非があるケースです。このようなクレームを無視していてはお客様もどんどん離れていってしまいます。このようなクレームはよりよいサービスを提供するために必要なものであり、会社にとっては財産となります。

 他方で、こちら側に全く非がないにもかかわらずクレームをつけられることがあります。この場合に対応を誤るとクレームがさらに激しくなりますし、対応している従業員も疲弊してしまい退職や治療を要するという事態にも発展しかねません。

 クレーム対応にお悩みの経営者様は是非ご覧ください。

The following two tabs change content below.

森大輔

2009年の弁護士登録以来、企業問題に取り組む。森大輔法律事務所を開所し、労働分野や広告、景品表示案件を中心に多くの顧問先をサポートしている。講演実績は多数あり、企業向け・社会保険労務士向けの労務問題セミナーを定期的に開催している。

お知らせの最新記事

NEWS & TOPICS 新着情報