「コンプガチャの景表法上の問題について」の記事を作成いたしました。

 当事務所はこのたび、「コンプガチャの景表法上の問題について」に関するページを作成いたしました。

 「コンプガチャ」(=コンプリートガチャ)とは、例えば、一定金額が課金されるカードを消費者が入手し、指定されたカードが揃った時にレアアイテムのカードがもらえるというものである。具体的には、Aというシリーズのアイテムが4種類あり、それをすべて出すと、Bというレアカードを取得することができるというものです。

企業経営者の方は、ぜひご覧ください。

The following two tabs change content below.

森大輔

2009年の弁護士登録以来、企業問題に取り組む。森大輔法律事務所を開所し、労働分野や広告、景品表示案件を中心に多くの顧問先をサポートしている。講演実績は多数あり、企業向け・社会保険労務士向けの労務問題セミナーを定期的に開催している。

お知らせの最新記事

NEWS & TOPICS 新着情報