従業員に対する業務命令が問題となった事例

企業の概要

運送運搬業 従業員数10~100名

お問い合わせの経緯

弊社顧問先である、社労士事務所様の取引先企業が労使間交渉でお困りであるとの連絡をいただき、受任することになりました。

ご相談の概要

ご依頼者(企業)の従業員がご依頼者に対し、違法行為を強制されたと主張し、損害賠償を求めてきた事例です。

弁護士の対応

まず、ご依頼者から事実関係を聞き取り、違法行為の有無や内容を精査しました。事実関係に誤りがある点については反論したうえ、従業員(相手方)に対し、損害賠償額に関する適切な金額を提示しました。また、退職に関する交渉も行い、ご依頼者様と従業員(相手方)との間の退職合意を得ました。

皆様へのアドバイス

従業員に対して業務命令をする場合、日々、法令、就業規則その他社内規定に触れるか否かに注意する必要がございます。日々の業務の中で少しでも疑問に思ったり、不安な点がございましたら、弁護士にご相談されるのが良いかと思います。また、業務は日常的に継続的に行われるものです。弊所では、顧問先様に日常的に迅速なリーガルサポートを行っておりますので、ご相談いただければと思います。


NEWS & TOPICS 新着情報