プラン別顧問料

顧問契約のご提案内容の一例
月額顧問料金(税別) 3万円 6万円 10万円 15万円
プランの選び方 気軽に相談できる弁護士が欲しい 契約書の作成・チェックを中心にお願いしたい 弁護士を身近に置き、必要があるごとにアドバイスを求めたい 自社に法務部が欲しい
法律相談※1 電話・メール・来所による面談
チャットワークでの相談 月に1件 月に2件 月に5件 上限なし
御社へのご訪問による面談 × × 〇(1月につき
1回2時間程度)
〇(1月につき
2回4時間程度)
契約書 作成※2 ×
チェック※3 ○(月に1通) ○(月に2通) ○(月に5通) ○(制限なし)
債権回収※4 内容証明郵便 〇(1月につき
1通 企業名)

〇(1月につき
1通 弁護士名)

〇(1月につき
2通 弁護士名)
〇(1月につき
3通 弁護士名)
交渉バックアップ ×
クレーム対応 対応アドバイス
対応窓口 × × 〇(1月につき1回) 〇(1月につき2回)
ニュースレターの配信 企業経営に役立つ法務情報の配信
他の専門家紹介 税理士、社会保険労務士など
企業内研修 コンプライアンス、ハラスメントなど × × 〇(1年につき1回) 〇(1年につき2回)
顧問弁護士の対外的表示 対外的な信頼訴求、違法要求等の牽制
弁護士費用割引 着手金の割引適用 5% 10% 20% 30%

※1 通常、法律相談は1時間あたり2万円(税別)を頂戴しております。
※2 契約書の頁数、難度により対応の可否をお伝えさせていただきます。
※3 契約書のチェックは、法律相談の回数とは別になります。
   なお、契約書が8頁を超える場合のチェックは別途料金がかかる場合がございます。
※4 別途債権回収プランのご用意もございます。

※債権回収プランは、業種及び事案によっては対応不可となる場合がございます。詳細はお問い合わせください。

 

セカンドオピニオン顧問弁護士

 弁護士には、分野によって得意不得意があります。医師にも専門があるように、弁護士にも得意な分野というものがあります。当事務所では、主に労働法をはじめ景品表示法や著作権、商標などに力を入れており、上記分野だけの顧問弁護士としてご契約いただいている企業様もいらっしゃいます。

 通常の相談はいつもお世話になっている顧問弁護士にお願いし、特殊な分野については別の弁護士に依頼するということは昨今においては徐々に当たり前のようになっております。また、このように弁護士を担当制にできれば、より細かいリーガルサービスを受けることもできますし、従来の顧問弁護士の業務の負担も軽減されることとなります。

 そこで、当事務所では、既にご契約されている顧問弁護士があまり対応していないような分野(労働法、景品表示法、著作権、商標など)について、セカンドオピニオン顧問弁護士プランをご用意させていただいております。

 是非、一度、セカンドオピニオン顧問弁護士の導入をご検討いただきたく思います。

 なお、セカンドオピニオン顧問弁護士の料金は最初の一年間は月額3万円とさせていただいております。その後は、別途協議にて定めさせていただいております。


NEWS & TOPICS 新着情報