社労士法人松本様(代表社労士 柴田千華先生インタビュー)

・社労士法人松本はどのような組織ですか。法人の成り立ちや概要を教えてください。

税理士法人松本が母体の事務所です。税理士事務所が法人化する際に、社労士事務所も法人化して、グループとして活動しています。人とお金の両方をグループで管理するためです。社労士法人は、亀戸・新宿・横浜にオフィスがあります。グループには、労働保険事務組合を持つ一般社団法人松本経営サポートがあり、中小事業主様の労災特別加入の対応なども行っています。

 

 

・社労士法人松本の特徴を教えてください。

現在、17名が所属しています。平均年齢は35歳と比較的若い事務所だと思います。

「情報共有を大切にする」という姿勢は、事務所立ち上げ当初から言い続けておりますので、皆大切に考えてくれています。外部研修に参加した人が社内で研修会を実施したり、新しいことを勉強した人が社内で説明会を開くなど、全体でのレベルアップを図っています。

お客様のサポートは、1名の担当ではなく複数名で対応するようにしています。給与計算など期日管理をしっかり行わなければならない業務もありますので、複数チェックが行えるようにするためです。

 

 

・当事務所をどのように利用していますか。どんなことを相談されているか教えてください。

最近は労務関係のトラブルのご相談が多くなっています。あとは、作成した書類のチェックをお願いしています。裁判になる可能性があるものは前段階が大事なので、従業員には森先生の事務所に確認してから対応するように指導しています。

想定していないようなことが起きることがありますが、森大輔法律事務所様とはチャットワークで繋がっているので、とても安心感があります。

 

 

・当事務所と顧問契約をして変化した点や良かった点がありましたら教えてください。

従業員には、自分の経験だけではなく、判例・条文・通達・新聞記事等を参考にするように指導しておりますが、もし従業員に不安がある場合は、森先生の事務所に確認してから対応するようにと伝えております。森先生の事務所はレスポンスが早いので、従業員も安心して業務に取り組めており、とても助かっております。

 

 

・弁護士との顧問契約を検討している企業へメッセージをお願いします。

森大輔法律事務所の皆様は、とても熱い方たちです。

私たちは社労士としてお客様のご相談をお受けしますが、お客様と私達の想いを大切に考えてくださった上で、いつも対応策を一緒に考えてくださいます。

法律論だけでバッサリ切ってしまうのではなく、心のある対応をしてくれる森大輔法律事務所様は、長くお付き合いができる事務所だと思います。

NEWS & TOPICS 新着情報