株式会社フィオーロ様(通信販売業・飲食業・卸売業)

今回は、株式会社フィオーロの代表取締役社長、草壁克彦様に弁護士森大輔がお話を伺いました。

・御社の事業概要や成り立ちについて教えてください。

 当社は、「世界のワイン葡萄屋」というワイン専門店を運営しております。実店舗として神奈川県横浜市に、関内店・鶴見店の2店舗を有し、ワインの販売や飲食を提供しております。また、通信販売(自社サイトとアマゾン)や、卸売業も手掛けております。扱う商品は、ブドウ由来のもの全般で、ワインだけではなく、リキュール・グラッパ・ジュースなども揃えております。きっかけは、20代後半でのワインとの出会いです。好きなものを職業にすれば、自分の喜びを通じて、よりリアルにワインを知る喜びや楽しみ方を皆様に届け、社会貢献できると考えました。

 

・当事務所をどのようにご利用されていますか。

 最初は、当社の通販サイトの二重価格表示のチェックをしていただきました。Webで景表法について詳しい弁護士事務所を検索したら、1番に出てきたのでご連絡したのです。その後、残業代などの労務問題のレクチャーをしていただき、定期的な顧問契約を結びました。今はそれらに加え、新規で取引をする際に交わす、契約書を初め多種多様な書類や、個人情報に関する書類など、慎重を期する場面では、必ず書面のご作成やチェックをお願いしております。

 

・当事務所と契約して良かった点や、変化した点などがありましたら教えてください。

 結論から申し上げますと、森先生と契約させていただいて、とても良かったです、笑。

 今まで弁護士にアプローチしたことがなく、必要性があった二重価格表示の相談さえも、弁護士事務所の敷居が高くてなかなかドアを叩けませんでした。でも、森先生の事務所には何でも気軽にご相談でき、親身にご相談に乗っていただき、私の中に自然とできていたバリアが無くなりました。今では無くてはならないパートナーです。

 

・弁護士との継続的な契約を検討している企業様へメッセージをお願いいたします。

 企業活動をされている多くの方々は、成長していきたいと思っていると思います。私もそうですが、成長・発展していきたいと思うと、常に環境は変化します。新しい商品、新しい組織体制、新しい取引…に挑戦していけば必ず、新しいそれぞれの場面でリーガルチェックが必要になってきます。

 しかし、私は専門家ではありません。弁護士の先生と定期的な契約をしていると、何かあった時に備えて安心して仕事ができますし、速やかに回答していただけます。更に、森大輔法律事務所ですと、付加価値として「気軽さ」が付いてきます。

世界のワイン葡萄屋のホームページはこちら

NEWS & TOPICS 新着情報