佳秀工業株式会社様(機械金属事業・ヘルスケア事業)

佳秀工業様の企業概要について教えてください。

 当社は、大きく分けて二つの事業を行っております。一つは、機械製品を製造する機械金属事業部、もう一つは、ヘルスケア事業部です。

 機械部品の製造を行っている機械金属事業部は、ウォータージェット加工機やレーザー加工機を使った精密な切断技術を強みにしており、主力商品としては日立製作所に納入する新幹線の部品などの精密部品があります。ほかにも、食品の真空包装器や原子力発電で発生する核廃棄物の格納容器に用いる部品なども製作させていただいております。

 もう一つのヘルスケア事業では、プラセンタを原料とする化粧品や健康食品の開発・製造・販売を行っております。プラセンタは、ブタの胎盤に由来する成分で、近年美容に高い効能を示すことで注目されている成分です。当社では、安全で高品質なプラセンタを供給していくことに力を注いでおります。

森大輔法律事務所に顧問弁護士を依頼することになった理由、きっかけを教えてください。

 当社には、もともと現社長の知人の弁護士に当社の顧問弁護士をお願いしておりました。しかし、その先生はたいへんしっかりした方で、相談に行くにもきちんと準備してから行かなければならず、ちょっとした相談にも構えてしまい、とても相談しにくかったというのが率直な感想でした。

 そこで、森先生に顧問弁護士を依頼することにしたのです。

 森先生は、年代も近かったため、とにかく話しやすく、以前とは打って変わって小さなことでも簡単に相談することができるようになりました。

普段、どのような依頼や相談をしているか教えてください。

 当社が結ぶ様々な契約書の作成及びチェック、及び当社の商標等の管理に関する相談が中心です。

 当社は、もともと下請けとして機械部品の製造等を行ってきたのですが、事業の発展に伴い、自社ブランドを持ったメーカーとして様々な契約を結ぶようになりました。これに伴って、自社ブランドの知的財産をどのように取り扱っていくかが重要になるとともに、当社から様々な契約書を提示させいただくことが多くなったことがその背景にあります。

 他には、新規ビジネスモデルのリーガルチェックもお願いしております。森先生は、中立的な視点からビジネスモデルに潜む法的リスクをこれとこれとこれ、という形で知らせてくれるので、こちらとしても安心してビジネスに集中することができます。特に、あらかじめ法的リスクがわかれば、逆にどこまで行ったらダメなのかというラインがわかるので、ぎりぎりまで攻められるというのは大きな強みだと思います。

顧問契約を結んで良かったと思うことを教えてください。

 一番のメリットは、気軽に相談できることですね。

 当社は、スピードが要求される新規事業も多く手掛けており、特に契約に当たって、迅速なリーガルチェックを受けられるのは助かっています。また、契約に当たってきちんと弁護士に相談していると、取引の相手方にとっても、きちんとした会社だという印象を持ってもらうことができ、信頼度が上がっていることが分かります。

 また、ゼロから契約書を作ってもらうことも多くありますが、完璧な契約書をつくってくれるだけでなく、そこに知的財産の観点から自社ブランドを守る工夫を盛り込みながら、業界独自のルールを加味し仕上げてくれます。どうしても急ぎの契約をしなければならないときに、契約の現場に立ち会ってもらって、その場で契約書を完成させてもらったこともありました。

 当社は地方のメーカーですが、取引の相手方は東京の会社さんが多いと思います。そのため、森先生が東京にいてくれるので、地方に居ながらにして中央に強力な味方がいるという感覚で、安心して契約の場に臨めるのは助かっています。

 また、当社として初めて海外の取引先とお取引させていただいた時も、森先生に相談しました。香港の化粧品商社との契約だったのですが、独占販売権の取扱いや、どこの国の法律が適用されるか、さらにはどこで裁判するかまで、いろいろと考えていただき、本当に助かりました。

顧問契約を結ぶ前に想定していなかった、顧問契約の効果を教えてください。

 森先生に顧問弁護士をお願いしたことは、当社のビジネスにとって、想定以上の効果がありました。とにかく、法的な問題をすぐ解決してもらえるので、ビジネスのスピードが格段に上がったと思います。

 当社は、常に新規事業を手掛けており、成長志向の社風です。そのため、新たな壁にぶつかることも少なくありません。そんな時、森先生に相談して、法的なリスクを教えてもらえれば、余計な迷いがなくなり、より迅速な経営判断が可能になりました。

御社にとって、森大輔法律事務所はどのような存在か教えてください。

 一言でいえば、ビジネスを進めていくうえで、心強いパートナーです。

顧問契約を検討している企業に向けてのメッセージをお願いします。

 顧問弁護士という仕組みは、ビジネスを前向きに進めていくために、使わなければ損だと思っています。

 ビジネスを進めるうえで、法的な問題点についてあらかじめ把握しておくことは、常に最悪を想定して事業を進めていくことにつながり、より堅実な事業展開が可能になります。

 また、地方の企業さんにもお勧めしたいのは、やはり地方に居ながらにして中央とつながっていられるという点も、大きなメリットです。

 


佳秀工業株式会社

本社所在地:〒808-0109 福岡県北九州市若松区南二島2丁目24−10

 TEL:093-791-0595

 HP:https://kasyu-kogyo.com/

事業概要:

・機械金属事業

・ヘルスケア事業

・ウェルネス事業


 

NEWS & TOPICS 新着情報