少額訴訟

 少額訴訟は、60万円以下の金銭の支払を請求する訴訟を提起する場合に可能となる手続で、審理を原則として1回で終わらせて直ちに判決の言い渡しを受けることができる手続です。

 少額訴訟による判決も、通常の民事訴訟における判決と同様に強制執行が可能です。また、少額訴訟に特徴的なこととしては、判決によって分割払いその他の支払猶予が定められることがあり、裁判所によるより弾力的な対応が可能となっています。

他方、少額訴訟の手続においても、債務者が通常の民事訴訟を望む場合には、やはり通常の民事訴訟に移行してしまいます。

 そのため、支払督促と同様、当初より争われることが見込まれるような事件の場合には、避けておいた方が無難と言えます。

 なお、少額訴訟は手続が大幅に簡単になっているので、弁護士に依頼することなく行うことも可能です。しかしながら、通常の民事訴訟に移行するリスク等も踏まえると、あらかじめ弁護士によるアドバイスを受けた方が得策と言えます。

また、少額訴訟は、同じ簡易裁判所に、1年に10回までしか少額訴訟を利用することができないことにも注意が必要です。


NEWS & TOPICS 新着情報