打消し表示について

1 打消し表示とは

 打消し表示とは、ある広告表示について、その例外等について記載する表示であり、消費者に対する訴求を主眼とする強調表示とワンセットで取り扱われる表示のことをいいます。

 望ましいのは打消し表示がなくても商品・サービスの内容や取引条件の実際を一般消費者が認識できるような強調表示の内容とすることですが、打消し表示を上手に活用することで、より効果のある広告を検討することができます。

2 強調表示を行う場合の留意点

 強調表示は、商品・サービスの内容や取引条件について無条件、無制約に当てはまるものと一般消費者に受け止められるため、仮に例外などがあるときは、その旨の表示を分かりやすく適切に行わなければなりません。そこで、強調表示を行う場合には、まずその商品・サービスに限定条件その他の購買の際の考慮要素がないか、整理する必要があります。

3 適切な打消し表示とするためには

 適切な打消し表示とするためには、主として以下の4点について注意することが必要です。

  ア 打消し表示の文字の大きさ

 一般消費者が打消し表示を見落としてしまうほど文字が小さい場合。

  イ 強調表示の文字と打消し表示の文字の大きさのバランス

 打消し表示が強調表示の近くに表示されていたとしても、強調表示が大きな文字で表示されているのに対して、打消し表示が小さな文字で表示されており、強調表示を見た一般消費者が当該強調表示に対する打消し表示に気付くことができないような場合。

  ウ 打消し表示の配置箇所

 打消し表示の文字の大きさが、一般消費者が見落としてしまうほど小さくない場合であったとしても、打消し表示が強調表示から離れた場所に 表示されており、一般消費者が打消し表示に気付かなかったり、打消し表 示に気付いたとしても、当該打消し表示が、離れた場所に表示された強調表示に対する打消し表示であることを認識できないような場合。特に、Web 広告においては、強調表示と打消し表示が1スクロール以上離れる場合には、適切な打消し表示とは言えませんので、注意が必要です。

  エ 打消し表示と背景との区別

 打消し表示の背景が無地の単色ではなく、複数の色彩が入り組んでおり、 打消し表示の文字と背景との区別がつきにくいような場合。

4 まとめ

 以上から、ある強調表示を作成する際には、適切な打消し表示の選定・活用が必要となります。そのため、強調表示等のご検討をされる場合には、是非弊所にご相談ください。

お知らせの最新記事

NEWS & TOPICS 新着情報